ボデガス・サガロン [Bodegas Zagarron] ラ・マンチャ

ラ・マンチャから世界に躍進する革命的なワイナリー。』

サガロンは1948年創業のワイナリー。テンプラニーリョはもとより、アイレン、カベルネ・ソーヴィニヨン、シラー、シャルドネなどの多彩な品種を合わせるなどして、ラ・マンチャの新しい味を追求しているワイナリーです。イノベーションこそが、彼等が掲げる目標です。

首都のマドリッドの中心部から南に車を走らせると、広大なラ・マンチャの風景が現れます。ラ・マンチャとはアラビア語で「乾いた土地」という意味で、その名のとおりラ・マンチャ地方には乾燥した大地が広がっています。ドン・キホーテの世界の中心となった地域でもあり、ワイナリーの目の前にも大きな風車がそびえ立ちます。最先端の技術を取り入れ、積極的に輸出量を増やしつつも。高品質なワインを造り出し革新を遂げているコストパフォーマンスに優れたワインです。