ブラック・リッジ Black Ridge

ブラック・リッジ
カベルネ・ソーヴィニヨン
カリフォルニア
ブラック・リッジ
ジンファンデル カリフォルニア
ブラック・リッジ
ピノ・ノワール カリフォルニア
ブラック・リッジ
シャルドネ カリフォルニア

スコット・セラーズのカジュアル・ワイン・シリーズで、コンセプトは『誰にでも愛されるヴァラエタル・ワイン』!フルーティーで飲みやすさを重視したワインで、メインのブドウ品種の個性を最大限に引き出すため、あえて違うブドウ品種を少量ブレンドして個性を引き出しています。そして、この“ブラック・リッジ”のブランドの立ち上げには、クリュッグ、スタッグスリープス、ハンス・コーネル、ラウンド・ヒル、オーガスト・セバスティアーニ等でワインの醸造経験を持つジム・ヤークス(現在は監修のみ)が関わっています。

◆ワイナリー
5世代に渡りワイン醸造における哲学・伝統を守り続けているファミリー。このファミリーの起源は1883年のイタリア・イスキア島にまで遡ります。「ワインとは夕食での自然なパートナー」との考えの元、家族と親しい友人のためにワイン造りを行っていたといいます。このサルヴァトーレ・スコットの理念は、1903年、ファミリーがアメリカのブルックリンに移住しても引き継がれました。

アメリカに移住したファミリーは、1933年に高品質ワインの販売を始め、そして、1963年にはカリフォルニアで初めてのワイン造りが始まります。これらのワインは“ヴィッラ・アルマンド”愛称ルスティコの名で、全米で親しまれるブランドへと成長していきます。今現在でもこのワインは造られており、カリフォルニアで最も古いワインブランドの一つとなっています。

現在、ローダイを代表する生産者となったファミリーを切り盛りしているのは、自分達を【Very Lodi】と表現する、CEOのアンソニー(5代目)、COOのナタリー、ワイン・メーカーのポール、統括ディレクターのマイケルの4兄妹です。彼らのワインの主なブドウの供給元であるローダイ地区は、アメリカでもっとも多種多様なワインが生み出されるワイン産地として注目され、2015年に“Wine Region of The Year”に選出されています。

ローダイは、禁酒法時代を通して生き残った100年以上前の古いブドウの樹(特にジンファンデル)を持つアメリカの数少ないワイン産地の1つで、これらの貴重なブドウ樹を守る為に【ローダイ・プログラム】が立ち上げられ、農薬の量を減らす事や、いわゆるサスティナブル(持続可能な農業)を行えるようなプログラムが実行されています。これらのプログラムは2005年に【ローダイ・ルール】という正式な認証プラグラムとして注目されています。

◆ワイン・メーカー
全てのワインの醸造責任者は、末っ子ポールが担います。自らを「I'm wine by blood!」と豪語するほどのワイン好き。ポールはローダイの多種多様なワインをブレンドすることで、それを“一つの個性”として捉えています。それぞれのブランドを飲み比べていくと、同じようなブレンドでもそれぞれの個性がしっかりと表現されているのがわかります。

そんなポールのパートナーを務める歴代コンサルタントも豪華で、フランス・シャンパーニュの最高峰、クリュッグを造り上げたジム・ヤークスと“ブラック・リッジ”を造り上げるなど、ワイナリーの大きな原動力となっています。現在の醸造パートナー兼コンサルタントは、2003年に権威ある『Andre Tchelistcheff Winemaker of the Year』の受賞をはじめ2000もの賞とメダルを獲得しているミッチ・コセンティーノ。

ポールとミッチ・コセンティーノは、ワインの品質は80%~90%はブドウがワイナリーに運ばれる前に決まる、と考えており「プレミアムなワインを造りだすときに近道はない、ブドウ畑での手入れは骨の折れる仕事ですが生産者や農家と協力して全ての適切な対策が確実に講じられるようにすることはワイン・メーカーの責任である・・・」と考えています。