シャトー・スゴンザック・エリタージュ [Chateau Segonzac Heritage] ボルドー

衝撃デビューしたブライのモンスターワイン“エリタージュ”が復活!
ドラマ≪神の雫≫のフランス・コーディネーターを務める加藤尚孝セレクション!

◆シャトー・スゴンザック・エリタージュ
シャトー・スゴンザックの最上級ワインがこの“エリタージュ”。フランスのワイン専門誌等でかなり高い評価を得ているワイン。初リリース1999年の翌年、2000年ヴィンテージにおいてフランスワインの専門誌【ギ・ド・アシェット】で最高評価の★★★(3つ星)を獲得、さらに≪最も心に残るワイン賞≫も獲得。

2002年には数あるワインコンクールの中でも世界中のバイヤーが注目する主要な4つのワインコンクール、すなわち【ブリュッセル・コンクール・モンディアル】【ボルドー・ヴァン・アキテーヌ・コンクール】【パリ・コンクール・ジェネラル・アグリコール】【マコン・コンクール・デ・グラン・ヴァン・ド・フランス】と全てで金賞を受賞したのも記憶に新しい。

2003年のプリムールの試飲会ではボルドー格付け第2級“シャトー・デュクリュ・ボーカイユ”や“ピション・ラランド”にスタイルが似ていると評価され、ブライ地区で最もリッチでエレガント、そして、格付けワインと比べらられてしまう程の資質を持つワインがこの“エリタージュ”なのです。

2012年は、メルロー30%、カベルネ・ソーヴィニヨン40%、プティ・ヴェルドー30%。ブドウの平均樹齢は40年と高く、丘に面した最良の区画から収穫されたブドウを使用。25hl/haという超低収量で造られ、醸造・熟成方法は格付けワイン並の贅沢な造りで、マロラクティック発酵は樽の中、そして、新樽100%で14ヶ月の熟成を経て瓶詰されます。2007年頃からビオロジック(有機栽培)にも注目し、2010年からはエコセールを取得しています。

◆加藤尚孝氏によるワイン・セレクション
“スゴンザック・エリタージュ”はフランス・ボルドー在住の加藤尚孝氏のセレクションとなります。加藤氏は1996年以降フランスの各地のワイン生産者を巡り、類稀なるテースティング能力を開花させ、さらに日本に本当に素晴らしいワインを紹介するべく、知識・人脈を築きあげてきました。

2000年頃から日本のワインマーケットでは【知る人ぞ知る人物】として活躍しており、今では人気ワインコミックの『神の雫』の登場人物としても出演、また同コミックがドラマ化された時のフランス・コーディネーターも務めています。

 

生産者
シャトー・スゴンザック
(Chateau Segonzac)
ワイン名
シャトー・スゴンザック・エリタージュ
(Chateau Segonzac Heritage)
タイプ/容量
赤ワイン・フルボディ/750ml
(Red/Full--bodied)
生産地
フランス/ボルドー/AOCブライ-コート・ド・ボルドー
(France/Bordeaux/Blaye-Cotes de Bordeaux)
ブドウ品種
カベルネ・ソーヴィニヨン 40%、メルロー 30%、プティ・ヴェルドー 30%
(Cabernet Sauvignon 40%、Merlot 30%、Pettit Verdot 30%)
コメント
<2012年>
濃いガーネット色。グラスに注いだ瞬間から芳醇な香りが部屋中を包み込む。香りの量は多く非常に落ち着いた香りで、一流のテイスター達が格付け第2級のワインと間違えるのも頷ける。抜栓直後は、黒系果実のふんだんな香りが支配的で、コンポート(フルーツの砂糖漬け)のような甘い香りも混ざり合う。傑出したボルドーワインの特徴である、まるで森の中にいるような複雑味も併せ持ち、これはオーガニックでのブドウ造りや熟成からくるもの。決して派手さはなく素晴らしく上品なプロポーションを持つ。ボルドーワインが女王と表現されるエレガントさは、まさにこのワインの為の言葉ではないかと素直に感じさせる。

口に含むと、力強くもあり滑らかなタンニン、鮮明に広がる美しい酸、そして、僅かに感じる小さな赤いフルーツの完熟した果実香が顔を出す。ワインのスタイルを決定づける美しい酸がこのワインの輪郭をハッキリと浮かび上がらせている。フィニッシュには新樽100%熟成の恩恵を十分に受けたバニラやシナモンのようなスパイスが見事に調和され鼻腔を通り抜ける。さらに驚くほど長く続く余韻は、まさに完成された≪最上級≫のボルドー・ワインであることを証明している。
参考小売価格
3,800円 (税別)
JANコード
3760052705519