テン・エーカー・ワイナリー [Ten Acre Winery] ロシアン・リヴァー・ヴァレー

絶対見逃せない!鮮烈デビュー!
更なる領域を手に入れた超新鋭ワイナリーが日本初上陸!』

ブルゴーニュやカリフォルニアのピノ・ノワールやシャルドネを熟 知したチームが造り出す、更なる領域を手に入れた新鋭ワイナリー。

テン・エーカーの創立者であるスコット&リン・アダム夫妻(写真右)は、既にジンファンデルにおいては別のエステート(ベッラ・ヴィンヤーズ)で、タンタラでご紹介した『THE 10 BEST of EVERYTHIG』でタンタラに続く第6位にランキングされた、あのターリー のジンファンデル(95ポイント)と同等以上の評価を『ワイン・アドヴォケイト誌』で受けるほど。

そして、満を持して、このロシアン・リヴァー・ヴァレーの地で、ピノ・ノワール&シャルドネの生産を始めました。

このテン・エーカーでワインメイキングを任されているのが、パーカー98ポイントを経験した、あのピゾーニ・エステートでの醸造経験を持つマイケル・ザード(下写真左)。

マイケルはカリフォルニア大学で醸造を学び、ニュージーランドなどでの醸造経験を経てピゾーニ・エステートやベルナルダスなどで醸造を経験します。

そして、ベルナルダスでは、フランス・ブルゴーニュのピエール・モレやコント・ラフォンといった超一流ドメーヌで醸造を経験したディーン・コルトの影響を受けることとなります。

テン・エーカーのワインが、ブルゴーニュ好きにもすんなり受け入れられるルーツがここにあります。


さらに、このテン・エーカーでヴィンヤード・マネージャーを務めるのが、チャーリー・チェノウェス(写真右下)。チャーリーは、カリフォルニアでのピノ・ノワールやシャルドネのトップ生産者であるキスラーやパッツ&ホールなどでの経験を経て、このテン・エーカーのチームに加わることになります。

まさに、最高のオーナー、最高のワインメーカー、最高のヴィンヤード・マネージャーの最強の三人が造り出す至極のワイン・・・。『ワイン・スペクテイター誌』の元シニア・エディターが発刊するピノ・ノワー ルの専門誌『ピノ・レポート』では、すべてのアイテムに90ポイント以上が与えられる、まさに鮮烈なデビューを飾ることとなります。